イライラから解放される方法

どうも、きぃコニです。

イライラすることってありますよね。

原因は人それぞれですが、イライラするとつい人や物に当たってしまったり、疲れているのに更にどっと疲れてしまいます。

時には体調にも影響が出てしまったり、いいことはありません。

でもですね、そんなイライラから解放される方法はあるんですよ。

それは、諦めることです。

期待外れだからイライラする

そもそもイライラする原因は無意識に自分が期待しているからです。

それをやめればいいんです。

「まぁ、そんなもんだよね」みたいな。

これ口で言うほど簡単ではありません。

どうしたって、主観が入りますから、本人にしか分からない事情もあるでしょうし、それをイチから説明するのは無理ですしね。

特に対人関係においてこのイライラは顕著になります。

イライラしてしまう人は、知らない間に自分と同じ土俵で相手を見積もっているんです。

「なんでこんなこともできないんだ」

「そんなことも分からないの?」

思ったり言われたりしたことはありませんか?

逆もしかりです。

その時、あなたは誰かを自分と対等に考えているんです。

当然ですが、違う人間なので経験も知識も考え方も同じ人はいません。

それなのに、つい忘れがちになってしまうんです。

自分に余裕がないと特にそうなりがちです。

「何を知ったような口を……」とイラッとしたあなた、正解です。

私はあなたのことを知りません。

ただ私は身を持ってこの状況を経験しています。

言われる側ではなく言う側として。

だからこそ思うこともあります。

大事なのは、期待することではなく現状を見てどう改善していくかなんですよ。

現状が見えていない

期待するだけして勝手にイライラするのは、相手の現状と共に自分の現状が見えてないからです。

だから一度諦めて、そういう奴だと思って相手も自分も眺めてみてください。

言い方を変えれば相手に対するハードルをガクンと下げるんです。

そうすると実は相手は相手なりに努力していることが見えてきますから。

私は会社員をやっているとき、全く笑わない人間だと思われていました。

慣れというのは恐ろしいもので、知らない間に誰かに対するハードルもガンガンに上げていて、「なんでこんなのもできねぇんだよ」のオンパレードでした。

嫌な先輩ですね。

そうなった原因としては根本的に自分が「底辺の実力」だという思いが常にあったからです。

他の人は自分なんかより優秀なはずで、そこに追いつくために私は必死に努力していたからです。

「私よりできるはずなのになんで手を抜いて努力しないんだ」

私のイライラの原因はこれでした。

自分を下げたせいで自然と周りに対するハードルがガンガンに上がっていたんですね。

ある時、自分の現状を見つめる機会があって気付いたんですよ。

それ以降「こんなこともできない」ではなく「これはできるんだな」になったんです。

イライラすることは格段に減りました。

それから私は相手に対して「どうすれば更に向上するか」を考えるようになりました。

ただ、自分が言った言葉は無かったことにはなりませんから全部背負って生きていくしかありません。

本当に、嫌な奴だったんですよ。

諦めた上で改善していく

諦めるのはある種の思考停止だと思われることが多いですが、相手の現状を見ないより全然マシだと思っています。

それだけ相手に対して改善点を話すことができますから。

相手に期待をするのはある意味盲目的です。

そこにたどり着いてついていないことだけを罵る行為ですからね。

改善点を話すといっても、私は自分からぐいぐい行くことはありませんでした。

そういうのはそもそも苦手というのもありますが、相手の求めている求めている情報と私の話せるものが同じか分からないからです。

その代わり、本人が私のところに聞きに来たら納得するまで教えるといった感じでした。

ただでさえ今までのことがあって笑わない人間だと言われていた私に聞きに来るんでよっぽどなんだなぁとは思ってましたけど。

それでも、諦めるまではそんなことなかったですからね。

一人で全部やろうとしてましたし。

「他人より劣っているから、人一倍努力しなければ」と思うのは別に悪いことじゃないと思うんですよ。

ただそれに他人を巻き込んじゃ駄目なんですよ。

それは自分だけの価値観ですから。

他の人もそう思っている、なんてことはありえません。

イライラしてしまったら、一度現状を見つめてしましょう。

結構原因はすぐそこにあるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク