【初めての】ブログってなに?【ブログ奮闘記】

どうもきぃコニです。

ブログって何なんでしょう。

考えたことはありますか?

今回はそんな根本的な「ブログとは」についてです。

ブログには2種類ある

ブログというものの存在を聞いたことのない人はそんなにいないんじゃないかと思いますが、じゃあどういうものなのか詳しく知っている人はそれくらいいるんでしょうか。

私も名前は知っているものの、ブログがどういうものかよく知りませんでした。

誰かが文章を書いてネット上に上げているもの、ということ以外ほとんど知らない状態です。

そんな私がブログに興味をもって調べ始めて、気付いたことがあります。

ブログはざっくり分けて2種類あるんです。

日記型

この形のブログの方が馴染み深い人が多いかもしれません。

芸能人で書いている人が多いのがこの「日記型」です。

文字通りその日に何があったか、これから何があるか、何を思ったかを書いていくものです。

直感的に自分の現状を書いていくことが多いため、気軽に書ける利点があります。

個人的な感覚としては文字がいっぱい書けるツイッターといった感じです。

自分の宣伝としてブログを使ったりする人もいます。

ファンとしては、逐一その人の現状が分かるので身近に感じることもできますが、芸能人だと知名度から注目している人も多いので、発言によっては時折炎上していることもあります。

情報発信型

いわゆるブロガーと言われる人たちが書いているブログはこれです。

主に自分が経験してきたことや現状を人に伝えて、活かしてもらうために書いているブログです。

私こときぃコニが運営する「ノートの端書き」もこれに当たります。

人に伝えるために書くので、書き方も日記のようにはいきません。

その代わり、努力は必要ですがやろうと思えばブログで収入を稼ぐこともできます。

とはいえ、一攫千金を狙うには割に合わないと思うのでそういうつもりでやるのはやめた方がいいと思います。

そんな派手なものではありませんからね。

どうでしょう。

なんとなく違いが伝わりましたか?

どちらのタイプにも言えるのは「自分の書いたものが残る」ということです。

作者である人間が消さない限り、ネット上に残ることになります。

最終的には自分のためにもなる、それがブログなんですね。

それぞれのタイプのブログについて紹介していきます。

ブログという名前の日記

気軽に書きたいなら、これが一番です。

ラインブログとか、ライブドアブログとかに多いですかね。

名前はブログが付いていますが、内容はほとんど日記型が多いです。

先に書いた通り気軽に書けるのでみんな思い思いの言葉を残しています。

更新が頻繁な人だと、一日に何回も更新するので見ていて飽きません。

私が最初にブログと聞いて頭に浮かんだのが、この日記型のブログでした。

なぜ日記型のブログが浮かんだかというと、情報発信型より「ブログ」としての存在が確立していたからです。

ブログという名前が付いているところで書かれているので、当然ブログを見るつもりで見に行きますからね。

だからブログで収入が稼げるって知ったときに「日記がお金になるの!?」って思ったんですよ。

「え、じゃあここにあるやつみんなお金になってるのか……すごい……」

みたいなことを思っていたんですが、全然違いました。

伝えることに重点を置いたもの

情報発信型は、ブログとして意識して見に行かない限りあまり認識がありません。

それだけ情報発信型は生活に密着しているんですね。

ググって出てくる検索結果の中で選んで見るじゃないですか。

その開いたページが誰かが書いたブログの1ページって、あんまり意識しないんですよね。

あまりにその流れが自然すぎて。

私が情報発信型のブログを意識するようになったのは、自分が書き始めるようになってからです。

ネット上にあるたくさんのブログノウハウもこの情報発信型についてのものです。

ブロガーと言われる人たちが、収益を上げているのもこの情報発信型ですがやってみて思うのは「あの人たち本当すごい」です。

自分も書くようになって痛感しました。

それでも私は文章を書くのが好きなので、こうして続けています。

うまくいかないことも、勉強しなくてはいけないこともたくさんありますが、私は情報発信型のブログという存在を知ることができて良かったと思っています。

おわりに

いかがでしたか?

今回はブログのタイプについて紹介しました。

かなり根本的な話ではありますが、「ブログ」という言葉がかなり広い意味を持っているので、知っていると少し世界が広がります。

結構見る目が変わりますよ。

日記型と情報発信型を見比べてみても面白いかもしれません。

ではまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク